紫外線が髪の毛や頭皮に及ぼす影響2

皆さんこんにちは!

 

こんばんは(^_^)

 

Etoile店長三浦ですm(_ _)m

 

前回紫外線の種類をお話しましたので、

 

今回は髪の毛にどんな影響があるのか?

 

って言うお話しをしたいと思いますm(_ _)m

 

 

1.キューティクルが剥がれる!

 

まず髪の毛の外側の膜をキューティクルと

 

呼ぶのですが、そのキューティクルが

 

なんと‼︎

 

剥がれやすくなってしまいます∑(゚Д゚)

 

すると髪の毛の中のタンパク質や水分

 

が外に流出してしまうため、パサパサの

 

髪の毛になってしまいます。

 

これが夏になるとツヤのない乾燥した

 

広がる髪の毛になってしまうんですね!

 

さらに強い紫外線を浴びると髪の中まで

 

入ってしまい髪の毛の中の、

 

システィン結合《タンパク質などで髪の毛を強化している所》が

 

破壊されてしまい、弱々しい髪の毛に

 

なってしまい、このせいで

 

切れ毛や枝毛、さらには抜け毛の原因

 

となってしまいます(ーー;)

 

 

2.カラーの持ちが悪く、すぐに退色する!

 

次に紫外線は髪の毛の内部のメラニンと

 

呼ばれる髪の毛を、黒くしている部分を

 

壊してしまいます∑(゚Д゚)

 

そうすると髪の毛は褪せて

 

ツヤのない赤茶けた色

 

になってしまいます‼︎

 

カラーをしている髪の毛は退色が

 

しやすくなっているので、

 

特に気をつけないといけませんよ^_^

 

それはメラニンには紫外線を吸収して

 

髪の毛を守ってくれているのですが。

 

カラーを行っている髪の毛はメラニンを

 

分解、脱色して希望の色や白髪を

 

染めているのですが、これにより

 

メラニンが、少なくなってしまい

 

紫外線から守る力が弱まり、

 

さらに紫外線の影響が受けやすく

 

なってしまいます。

 

3.髪の毛の老化現象が、早まる!

 

お肌に紫外線をたくさん浴びると

 

光老化と呼ばれる加齢とは関係ない

 

老化現象がある事をご存知でしょうか?

 

これは紫外線が髪の毛や頭皮、

 

さらにお肌にあたると活性酸素と呼ばれる

 

老化物質が、発生します。

 

このせいで頭皮が弱ってしまい髪の毛を

 

作る毛母細胞と、呼ばれるものが

 

ダメージを受けて正常に機能しなく

 

なってしまい、髪の毛のサイクルが

 

乱れてしまい、抜け毛や薄毛が

 

進んでしまいます∑(゚Д゚)

 

また毛根にある髪を黒くするための

 

メラニン細胞も破壊されてしまうと

 

白髪の増える原因に

 

なってしまうんですね!

 

 

この活性酸素はカラーやパーマを

 

してもなってしまいます(ーー;)

 

ですので、ホームカラーは

 

とても危険な事なんですよ!!

 

紫外線って何気なく浴びていますけどら

 

こんな風に聞くととても、怖いですよね⁉︎

 

ですので、しっかりとケアを

 

していきましょうね^_^

 

次回は紫外線対策の

 

ホームケアやサロンケアのやり方を

 

載せますのでお楽しみにぃー^_^

 

 

 

 

Etoile(エトワール)

 

Tel&Fax 093-953-7793
営業時間 9:30~19:00
Holiday 毎週火曜、第1,3月曜
Address 〒802-0051
福岡県北九州市小倉北区黒原3-18-3
駐車場 有り(2台まで)

 

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/1PGltea